通常、お金を借りるような時は、やはりお金に困窮しているときでしょう。私が借り入れの申請をしようかという時も、一刻の猶予も許されないという事態でした。

そういう事なので、審査に合格すべく条件が緩いローン会社に申請しました。

お金を借りようとしても、審査に合格しなければいけませんし、時間的に余裕がなかったもので、慎重にネットの口コミを調べたり、借りた人の話を聞いたりして、自分が一番通りそうなローン会社に申請しました。

比較的審査が緩めと言われていた会社だっだので、完全に融資してくれるものと勝手に決め込んでいました。

しかし5日後に、何と融資お断りの連絡がありました。正直非常に焦りました。時間の余裕もなく。

仕方なく次の会社に申請しましたが、自分の身分では難しいと考えていた会社でした。ですが何とか融資をしてもらえました。

この件で感じた事は、ネットの口コミを信用しすぎたり、人の話を鵜呑みにするのは非常に危険だという事です。もしそれが事実だとしても、自分には適応されないといった事も想定できます。

もう一つの失敗は、融資に安心したせいか、お金を借りすぎてしまったという事です。

借りたお金なのに、自分が稼いだものと言う感覚に陥ってしまい、浪費癖が身につき、限度額に近い金額を借り入れてしまったのでした。

こうなってしまうと返済に追われた生活になってしまいかねず、焦りを覚え,状況が悪化する前に親に頼み込んで一括で返済しました。

学んだことは本当に必要以上の枠は危険だという事です。必要最低限に抑えてください。