私はアルバイトで働いています。

正規採用で働いている方と比べれば生活が安定していないと世間一般から見られていることは自分でも理解しています。

それでも消費者金融の審査には合格することができたので、それほど悲観的になる必要はないのかも知れません。

消費者金融は無担保、無保証でお金を融資している金融機関です。

そのため、申し込み者の信用度を客観的に審査して融資しても良いのかを決定します。

私はその審査に合格できたので、消費者金融から見て私はお金を融資しても良い程度には安定していると判断されたのでしょう。アルバイトですがこの5年間、真面目に一日も休まず働いてきて良かったと思っています。

聞いたところによると、正規雇用で働いていたとしても必ず審査に合格するとは限らないそうです。転職を繰り返していて在籍期間の短い方などは安定していないとみなされてキャッシングの審査に落とされてしまうこともあるようです。

消費者金融のキャッシングの審査では生活が安定しているかどうかは、正規雇用か非正規雇用かと直接的には結びついていないようです。

私のように非正規雇用で働いていると毎月ちゃんとした給料をもらっているにも関わらず生活が安定していないと思われがちです。それも仕方ないのかも知れませんが、非正規雇用だけという理由で消費者金融の審査に落とされることはありません。

お金が急に必要になるのは誰にでもあることなので、非正規雇用だからといってキャッシングの利用を諦めないで欲しいと思います。